キャリアステップCAREER STEP

目指せ! 農業総合プロデューサーBECOME THE AGRICULTURE TOTAL PRODUCER

STEP 1 研修と実務フォロー

アシスタントプロデューサー

詳しく見る

STEP 2 流通 予算を持って自立

流通プロデューサー

詳しく見る

STEP 3 商品 流通 リーダーとしてチームを率いる

商品プロデューサー

詳しく見る

STEP 4 生産者 商品 流通 高い専門性で国や地域を巻き込む

農業総合プロデューサー

詳しく見る

アシスタントプロデューサー

営業事務や商品出荷など、
先輩社員の仕事の補助を行う。
坂元洋志 28歳 入社4年目
※2017年1月時点

こんなシゴトです

営業担当の先輩社員の実務をフォロー。
営業事務の補助として、納品書の発行やFAXの送付などを行っている。内容は先輩社員がチェック。クロスエイジ本社から商品を出荷する際には、農産物のパック詰め作業や運送を行う。出荷業務の遂行は、パートさんに指示を出しながらやることも。

担当者に付き添って生産地を訪問。最近では、熊本のトマト農家に対して今期の振り返りや来季の取り組みについて話し合う場に同行。生産者や農産物、生産現場への理解を深め、具体的な販売計画立案の仕方などについて学ぶ機会となった。

ココがやりがい

単なる”取引”ではなく、農家さんとつながりを持ちながら商品を世に出していけること。

端にくぼみがあり出荷できないナスが混ざっていたことを農家さんに話すと、「どのくらいのキズで出荷規格外になるのかがわからない」という答えが返ってきた。顔が見えない取引だと「悪い商品が出荷されている」で終わってしまうが、農家さんの声が聞ける関係性だと商品の質も改善ができ、それが良い流通へとつながっていく。そんな風に、農家さんと自分が関わることで、良い流れが生まれたときにやりがいを感じる。

経歴&入社動機

第二新卒で入社。大学では地域社会学を専攻し、地域おこし等について学ぶ。公務員を目指していたが民間企業にも興味を持ち、たまたま参加した合同説明会でクロスエイジと出会う。“農業と食”を通して地域貢献を行うという会社の理念に共感を覚える。

入社後はクロスエイジの直営店舗『時や』の清川店に勤務。店長を務める。「農家と生産地を元気にし、もっと地域を面白くしたい」という想いから異動の希望を出し、営業課へ。

今後の目標

野菜専門の展示商談会に出展したときには、店舗経験を活かした商品陳列を行うことができた。
店舗での仕事を経験している農業プロデューサーは社内でも少ないので、この経験を活かして流通・生産者・商品とプロデュースをやっていきたい。

流通プロデューサー

営業が中心の業務。
農家の商品を販売先へと提案。
金丸茉央 25歳 入社3年目
※2017年1月時点

こんなシゴトです

果物を中心に流通先をプロデュース。産地を回って農家さんと打ち合わせをしたり、仕入れ担当のバイヤーさんへ商品の提案を行っている。取引先となるお客さまは、九州のスーパーの他、独自のコンセプトを基にこだわった商品を取り扱う小売店など。また、店頭に並ぶ商品だけでなく通信販売への商品流通も手掛けている。

人事の部署がないため、人材採用もサポート。後輩社員が入ってくるのを心待ちにしている。

ココがやりがい

野菜に比べて果物は出荷期間が短く、販売先に取り扱ってもらいにくい側面も。
だけど産地に行くと、農家さんがこだわって作った、心から「おいしい!」と思う果物にたくさん出会う。そんな果物をこちらから営業先のお客さまに提案することで、その商品の価値を理解してくれる販売ルートが見つかる。そうやって商品がちゃんと評価され、消費者に届く道ができたときが一番うれしい。

経歴&入社動機

22歳、新卒で入社。大学の学部は農業とはまったく無関係。
就職活動でクロスエイジが合同開催していた会社説明会に参加し、「若い会社なので職場環境や制度を整えるのも一緒にやっていきましょう」と課長が話すのを聞いて「面白そうだな」と思ったのが入社のきっかけ。

今後の目標

クロスエイジという会社を作っていく側の人間になること。
これまでは社長や課長に引っ張られ、作られた制度の中でやってきたけれど、これから入ってくる後輩たちのために会社をどうしていくかを今からは自分で考えて作っていきたい。

商品プロデューサー

要望に合わせて商品を企画し、
流通していない農産物も商品化。
本島 徳 30歳 入社4年目
※2017年1月時点

こんなシゴトです

「こんな商品がほしい」というお客さまの要望に合わせて商品を提供。既存商品の規格変更から流通していない農産物の企画まで、幅広く対応しながら商品化を図っていく。

カブ「もものすけ」の場合

お客さまである仲卸さんからスーパー向けに「もものすけ」というカブを作れないかという要望があり、カブの産地である千葉で作ってくれる方を探すことに。

生産者は見つかったが、種がうまく手に入らなかったため、種苗メーカーへ問い合わせ。その地域で多く「もものすけ」を仕入れした販売店を教えてもらうなどをして種を確保。また、お客さまの希望する単価とすり合わせができるかを検討。カブを栽培している農家さんに、通常のカブの場合で播種した数に対して製品が取れる割合や、面積当たりに播ける数をヒアリング。どれぐらいの利益が上がる、価格設定ができるのかを計算した。

さらに、流通させる際に必要となる商品を入れる袋の規格を設定。お客さまから「スタンドパックに葉付きで3玉ぐらい入れて、こんな感じで」という案はもらっていたので、ラフ案を作り資材会社と話し合いながら作成。実際にはない商品を想定しながら、何cm×何cmの設計をしていく難しい作業に。
収穫となり商品化できた際にはお客さまに喜んで頂くことができた。

ココがやりがい

お客様がほしいといった商品や、これ面白いかもという商品を形にしていけること。

また実際に流通させている商品でも、お客様の要望に沿うように供給量を増やしたり出荷規格に柔軟に対応することで、今よりもいいものを提供することができ、それをお客さまにも実感してもらえること。

経歴&入社動機

父親が農家と関わる仕事をしており、農業は販売面で課題が多いという話を聞いていた。
大学卒業後、東京青果に3年勤めるも、もっと農産物と販売先をつなぐ仕事をしたいと思い転職。

クロスエイジでは『供給販売企画書』を作って営業を行っていくなど、販売先の需要に応え農家に付加価値をつけながら、農産物の流通につなげていくことができると感じたのが入社の決め手に。

今後の目標

新しいものや珍しい種類の農産物を作ってもらうことが多いので、実際に収穫するまで品質と量がどれくらいか、生産者にもわからないのが実情。販売先のお客様さまは実際にオーダーをされた数を見込みにされているので、収穫量不足になると売るものがなくなってしまう。

それを改善するため、生産者、実需者にもお互いリスクの軽減が出来るような組み立てをもっと考えて突き詰めていきたい。生産者には「今までよりも手取りが増えた」「一緒にやってきてよかった」と言ってもらいたいし、販売先のお客さまには「本島さんに話をすると形にしてくれる」と言ってもらえるようになりたい。

農業総合プロデューサー

農業のコンサルティングを行い、
経営拡大を多角的に支援。
藤野直人 35歳
※2017年1月時点

こんなシゴトです

流通、商品に加え、生産者プロデュースもできるのが、農業総合プロデューサー。農家さんの付加価値を高め、経営自体を改善することで収益拡大や規模拡大を実現させていく。

福岡のネギ農家の実例

「カットネギの工場を作りたい」という希望が農家さんからあり、事業計画書を一緒に作成。資金調達のため、「費用の10分の3は賄えるような補助金をさがしましょう」と補助金活用を提案し実施。申請交渉や銀行対応などを行っていった。

熊本のさつまいも農家の実例

九州ではさつまいもは焼酎の原料や和菓子などの加工品として使われることが多いため、品質の取組みが少ないという現状があった。そのため、キュアリング機能が付いた貯蔵施設(※)を導入。長期保存ができるようになったことで、生産者は収穫時期以外にも長期で安定的な利益が確保できるように。そして、商品の品質自体が良くなることで農家さんに付加価値を生み出すことができた。

※室温と湿度を一定の状態に設定することでさつまいもの抵抗力を高め、長期保存を可能にする貯蔵施設。長く貯蔵することでさつまいものデンプンが糖に変わり甘みも増していく。

ココがやりがい

農家さんと関わるにしても、もし自分が土の専門家だったら土壌についてのみの相談をされると思うし、もし税理士だったら税の相談を受けるだけの存在になっていると思う。それがさまざまな面から深く農家さんに関わっていくことで信頼関係が徐々に築かれ、経営全体についてだったり、将来のビジョンや方向性、組織や人のことなどすべてにおいて相談してもらえるようになる。その関係性が生まれたときに一番やりがいを感じるし、充実を覚える。

今後の目標

農業は変わっていかなきゃいけないと言われているが、既存の流通システムに変化が起きたときに、農業を支える人が必要となる。そのためにも、農業プロデュースという仕事そのものを広めていきたい。

そしてより一層の生産者支援を行っていくために、ITに特化した企業と生産現場をつなげるなど、さまざまな専門性を持つ人たちと連携を図っていきたい。

生産者を一緒に応援できるような仲間が増えることで、農業の産業化ができるような機運が高まるし、それで連携をする企業への利益が生まれれば、農業はどんどん魅力的なビジネスモデルになっていく。

募集要項